ブログ

夏だけじゃない!栓抜きの缶バッジの利用法

缶バッジといいますと胸につけて楽しむだけと思っている方もいますが色々なタイプを作ることができます。確かに、一番売れている商品としてはフックピンがついている一般的なものになります。缶バッチというとまずフックピンを想像されますし、また、価格が一番安いということもあるかと思います。数ある商品アイテムの中で今回は栓抜きタイプの缶バッジをご紹介したいと思います。

栓抜き缶バッジは季節に合わせてご利用いただいています

ジュースやビールといった飲み物はビンから缶の容器に移ってきていますので、ビンが少なくなってきてそれとともに栓抜きを使うことも少なくなってきました。昔はノベルティの中では販売の上位に入っていた栓抜きですが今では少なくなったなと思います。(その分缶のプルトップオープナーがを多くなっていますね。)

でも、ノベルティの中ではまだまだ需要の多い商品になっているようです。特にノベルティを探している広告会社様とか企画制作会社様におきましては夏になると栓抜きタイプのお問い合わせが増えてきます。また、夏以外の季節でも飲料の販売促進キャンペーンに合わせて栓抜きタイプをご注文いただきます。

栓抜き缶バッジリングタイプ

一般的な栓抜き缶バッジのリングタイプです

栓抜きのノベルティですと多くあるのが商品にシルク印刷で1色、2色で社名ロゴを印刷するというものですが、缶バッチの場合はフルカラーで前面に印刷することができますので訴求力がかなりあります。また価格も1個あたり100円を切りますのでコストパフォーマンスに優れています。そういった要因によって栓抜き缶バッジをお選びになる方が多くなっています。

弊社独自の目線での商品選び

栓抜き缶バッジはどの缶バッチ製造業者様も同じパーツを使っているため、オリジナル性に欠けると思っています。そこで、弊社独自の商品や弊社独自の目線でパーツを選び、製造における工夫等をしてなるべく他社様との差別化を図っていきたいと考えています。とはいうものの弊社は小さいな会社ですのでなんでも缶バッジを自社で製品を開発するというのは無理がありますが、弊社にしかない「見る目」をもって原材料やパーツ、工程を見直すということは可能かと思います。

 

楕円形の栓抜き缶バッジ

弊社で検討中の楕円形の缶バッジ栓抜きです

この写真のような楕円形の栓抜き缶バッジなども弊社独自の商品として商品化を考えていました。栓抜きタイプの缶バッジは円形、長方形などがありますが、楕円形というのは見ないタイプですので弊社の独自性を高めていくには良い商品だと思っています。楕円形だと縦にも横にも使え、例えばビール瓶やジュースの瓶などを縦に印刷することで商品の写真を目立たせることができます。今後このようなものの商品化を含めて検討してみたいと思います。

 

マグネット付栓抜き缶バッチ

マグネット付の栓抜き缶バッチです

他社様との違うものをと考えて商品化したのがこの栓抜き缶バッジです。これは裏面が全面スチールで頑丈なつくりになっています。一般的な栓抜きタイプですと裏面はプラスチックで栓抜きの部分だけがスチールになっていますので、強度がやや劣る感じがします。そこに多少疑問を感じて裏面が全面スチールになっているものを選ばせていただきました。また、マグネットが付いていますので食器棚等のスチールのところに装着して使いたい時にいつでも取り出せるようになるかと考えています。

缶バッジ 栓抜きの価格等はこちらへ

ただし、一般的な栓抜き缶バッジもご用意できますので、お客様の好みに合わせてお選びいただけるようにしておりますので、ぜひご相談下さい。

多くの種類の缶バッジを販売しています。

五角形の缶バッジに関する弊社の工夫がこちらです

丸型が主流の缶バッジですが丸形以外の形状が結構出てきましたね。弊社でも五角形缶バッチが満を持してのデビューとなりました。正確には再デビューということなんです。実は数年前より五角形の缶バッジを扱っていたのですが、トラブルがありまして一時扱いを中断していました。それは、五角形の角丸の部分において缶バッジのフィルムと紙の破れが生じていたことです。最初は気づかなかったのですが次第に破れが目立つようになっていて、不良品が増えてしまいお客様に納品できる数量が確保できなくなったため一時受注を中断させていただきました。

缶バッジ五角形の表

 

その後は原因究明と新たな改良品をお客様の元へお届けできるように研究を重ねていました。まず、資材メーカーから購入したフィルムが薄いというのが原因でしたのでこれの改良から着手しました。しばらくしてさらなる原因が分かりまして金型や素材の見直しを図っていましてようやく再販売できるクオリティを確保できるようになりました。缶バッチ作成のための機械や金型を分解して隅々まで見渡してどこをどう直せばきれいなバッジが作れるかということが分かってきました。実際、金型まで改良をしている業者様はないかと思います。

このような細かいところまで探っていく姿勢が弊社のコダワリの一つであると自負しています。缶バッジの機械や金型は構造が簡単に見えて実は複雑で精密なものなので、扱う人によって缶バッジの出来具合もかなり変わってきます。SNSを見ていますとキャラクターの缶バッチの交換会が盛んに行われていますが、その中で缶バッジ五角形の角部分が破れているような報告がいくつか見られました。角丸の部分は複数方向から力がかかりますのでフィルムや紙が破れやすいのです。

 

五角形の缶バッジのフチ

弊社の五角形缶バッジはフチの破れはありません

 

弊社は他社様より数歩先へ行くような行動を起こしていたのでこのような問題は起きていません。缶バッチの製作の上では、その精密さ等により様々なトラブルが発生していますが、豊富な知識や経験と実行力で弊社は常に他社様より一歩二歩先を進んでいます。弊社はもう20年近く缶バッチと向き合っていますのでたいていのトラブルはすぐに対処できるようになっていますし、缶バッジの不具合を見ればどこが悪いのかがすぐに判断できリカバリーもすぐに可能になっています。

写真を見て頂ければ五角形缶バッチのフチ部分の綺麗さが分かるかと思います。この綺麗さを出すのに金型の改良やパーツの見直し等でかなり工夫しました。どうでしょうか?角丸の部分が綺麗にできていませんか?

 

合格で五角形缶バッジ

五角形缶バッチにピッタリのデザインです

 

五角形の缶バッチは旅行会社様ではツアーの参加者の方へ胸に着けるバッジとしてでなく、サッカーの観戦ツアーでチームのエンブレムをプリントしたもので、記念品として作成させていただいたことがあります。サッカーの応援で好きなチームのロゴが入っているということでツアー参加者の方にはかなり喜んでおられたようです。また、予備校の講師の方の顔写真を缶バッジに印刷して合格祈願というかたちで生徒のみなさんに配ったという事例もあります。私たちも生徒のみんなに合格してもらいたいという気持ちで缶バッジを作成いたしました。毎年受験シーズンや国家試験等のシーズンになりますと五角形缶バッジの注文が増えています。これら以外でも様々なシチュエーションでご注文をいただいています。

五角形の缶バッジはこちらです

缶バッジのハート型にも弊社のコダワリが活かされています。

シワの少ない缶バッジのハート型です

シワの少ない缶バッジのハート型です

缶バッジの円形は様々なサイズがあって一番人気の形ですが、最近はハート缶バッジの人気が高まっています。ハート型は弊社の別サイトにてキーホルダーとか携帯ストラップを作成していましたが、正直、あまり注文数が多くなくて伸び悩んでいた形状だったのです。

あるときに缶バッチの資材メーカーさんから「缶バッジのハート型ってどうでしょうか。」というセールスがあったのですが、今までのキーホルダー等の販売の状況から、あまり売れないのでは?と答えていました。まぁ、そんなに言うならと扱い初めていたら販売当初から問い合わせが来ていました。これには私も正直驚きました。携帯ストラップやキーホルダーのハート型があまり芳しくないのに缶バッチは大人気です。

ハート缶型バッチは製造工程でハートの下の方が破れてしまったり、ハート型の谷の部分でのフィルムの浮きが気になったりと少々問題が起きましたので一旦販売を中止してこれらの問題を解消できるように改造を行っていたことがありました。特に、ハートの曲線の谷の部分が難しいのです。多くの業者様ではこの部分にフィルムの浮きが出来てしまうため、「フィルムが浮きますが不良品ではありません」というような注意書きが書いてありました。ハート型の構造のため製造過程でフィルムの浮きが出来てしまうのは仕方がないことなのですが、これを何とか工夫して目立たないようにすることができないものかと考えたのが弊社です。

ハート缶バッジの裏側もきれいです

ハート缶バッジの裏側もきれいです

そして、パーツから金型まですべてを見直して問題なく製造できることを確認してから再販売させていただきました。ツイッターでは缶バッジの紙が破れてしまっているといったようなツイートが度々されています。これは形状が複雑なので仕方がないという業者様もいらっしゃいましたが、弊社では既にこのような問題はクリアしており、紙の破れやフィルムの浮きなどがないような状態で納品できています。起業当初からの弊社の缶バッジに対するこだわりは多くのアイテムに活かされています。

 

ハート缶バッジの金型

これがハート型缶バッジの金型です

この写真は缶バッジ製造に使うハート型の金型ですが、ちょっとみただけではわからないかと思いますが、この金型にまで手を加えていくことで、少しでもきれいな缶バッチを造ることができます。缶バッジの金型にまで手を加えるの業者様は他にはいないかと思います。

 

大人気のハート型缶バッジはこちらから

 

お客様の反応も上々で「他社では問題があったのに御社では綺麗に出来上がって安心しました。」などの感想をいただいています。その噂を聞きつけてなのか、同業者様からもどのように作っているのかとの問い合わせをいただいたこともありましたが、ハート缶バッチの人気の凄さを感じました。

 

その他の缶バッジのオリジナル作成はこちらから

缶バッジミラーはどこも同じと思っていませんか?

缶バッジのミラータイプをご注文の方は右の商品一覧からどうぞ ⇒ ⇒

ミラータイプの缶バッジについて、お客様よりいくつかご質問をいただいています。例えば、「ミラーはガラスですか?アクリルですか」といったことです。弊社ではできるだけ本物に近い形でお届けしたいと考えていますのでガラスの鏡を使用しています。アクリルですと軽くて割れにくくて使いやすいところがあるのですが、樹脂でできているためキズが付きやすいところがあります。ご質問をいただいたお客様は以前に別の業者様にて缶ミラーを作成されたことがあったようですが、アクリルの鏡だったためミラーにキズが沢山ついてしまって使いものにならなくなってしまったということでした。

同じようなご質問やご相談を結構いただいていましたが、その度に「弊社ではガラスの鏡を使用していますので大丈夫です」とお返事していました。製造コストや配送のコストからしますと軽くて扱いやすいアクリルを選ばれる業者様は多いと思います。しかし、お客様のこのような問題があるという現実を考慮しますと、アクリルの素材を使うことによりクレームの元になってしまいますし、お客様の満足度の低下に繋がります。従いまして弊社では販売当初よりガラス製のミラーを採用しています。

また別のご質問では「缶バッジミラーの鏡を指で押すと簡単にへこんでしまうのですが、何とかならないものでしょうか?」ということでした。これもよくあるご質問の一つです。缶バッジミラーのパーツというのは、パーツを仕入れている業者が一緒なので同じ部品を使用しているということになります。ただし、同じ部品を使用していも製造工程を工夫することで、オリジナル商品になることもあるのです。缶バッチミラーの作り方は以下の写真のパーツを使用して作ります。

缶バッジミラーのパーツ

缶バッジミラーの指で強く押すとへこんでしまうということを解決するために、弊社では缶ミラーを作る際に発砲系の特殊素材を缶バッジの部品の中に入れることにいたしました。これによって鏡の部分を指で軽くおしたくらいでは鏡がへこむことはなくなりました。他社様に先駆けてこの方法を採用したことで弊社のオリジナル商品とすることができました。

缶ミラーの他社との比較
他社缶ミラーと弊社缶バッチミラーの比較です。ミラーの上の部分をご覧いただきますと、親指で強く押したときにミラー部分がへこんでいるのがお分かりになりますでしょうか?一般的なパーツですと円形の薄い板状のスチールを挟むだけですのでこのように軽く押しただけでもへこんでしまいます。下の写真が弊社の仕様になっており、軽く指で押しただけではミラーがへこむことはありません。

また別のご質問では、「他社で作ったら、缶バッジミラー同士がキズついてしまいました。」ということでした。これは鏡の問題ではなく、缶バッジ本体の問題です。お客様にその状態をお聞きしましたところ、他社では缶バッジ製造後に無造作に重ねて納品されたそうでした。25ミリの小さいサイズでしたらまとめて大きい袋にいれても缶バッジがキズつくことはないのですが、大きいサイズになりますと個々の重さがありますので、単純に重ねて梱包しますと缶バッジ同士が擦れてキズがついてしまいます。弊社ではこのようなことを防ぐために帯状の緩衝材を使って缶バッジを1個ずつ丁寧に包んでいきます。それによって缶バッジにキズが付いたというクレームは全く起きておりません。

このように缶バッジはどこでも同じではなく微妙に仕様が違っているということがお分かりいただけましたでしょうか。他社様との違いが弊社の独自性につながりますのでこれからも工夫して弊社独自の仕様としてお客様にお届けできればと思っています。

缶ミラーの個包装オプションは通常の透明OPPのほかにソフトPVCの素材のミラーケースもあります。ミラーケースにいれればそのままオリジナル缶ミラーとして販売することもできます。またOPP袋のように使い捨てではないので長持ちします。

57ミリの缶バッジミラーはこちらからどうぞ

76ミリの缶バッジミラーはこちらからどうぞ

 

マグネット缶バッチの種類と磁石について

マグネット缶バッチは円形から四角形と色々な種類があり円形は32ミリから76ミリまでのサイズに対応しています。どのサイズが売れているかといいますと、ノーマルピン(フックピン)と同じく32ミリが一番売れています。この32ミリサイズが一番使いやすいとお客様よりお聞きしています。

32ミリの缶バッジ マグネットはこちらです。

次に売れているのは57ミリのマグネット缶バッジです。57ミリの大きさですので主に広告用やノベルティといった販売促進用に使われることが多いようです。社名や商品名を大きく入れてアピールするには57mm、76mmといった大きいサイズがいいですね。

マグネットを使ったノベルティというと、カード型(名刺型)の角丸四角形のマグネットシートが有名かと思います。どこのご家庭の冷蔵庫にも水道関係、ガス関係のマグネットシートが付いています。また、マグネットバーといったものもあり、会社のロゴマークや商品名などが印刷されています。あとはクリップが付いたものがあって、どれも実用的であると便利なものが多いです。ただし、これらのアイテムはロット数がある程度多くないと割高になることがあります。缶バッチだと作り方も簡単で全体にオリジナルのデザインが印刷できて小ロットでも価格が安いといってご購入いただいています。

栓抜きマグネット缶バッジ

ところで、この缶バッジに使う磁石には色々と種類がありまして、その特性を活かしてそれぞれの缶バッジに使用しています。まず。磁石にはラバー、フェライト、ネオジム(ネオジウムとも呼ばれています。)、サマリウムコバルトなどがあります。簡単に分けると磁力や強度、耐食性などで違ってきます。価格などもかなり違ってきますので缶バッジに使う磁石としては、ラバー磁石やフェライト磁石という選択肢になります。磁力と価格の間をとって選んでいます。

ラバー磁石とフェライト磁石で比べると、フェライト磁石の方が磁力は強いのですが、大きいと重くなるのと割れやすくなるため、缶バッジのサイズごとにこの二つの磁石を使い分けています。32ミリ~44ミリまではフェライト磁石を使い57ミリと76ミリはラバーマグネットを使っています。32ミリ~44ミリの小さいサイズでは磁力がないと実用性に欠けますのでフェライトマグネットを使い、それ以上の大きさですと接する面積が大きくなりますのでラバーマグネットでも十分実用的に使えると判断しています。

弊社では他社様と違い、海外よりこのマグネットを仕入ていますので他社様よりも価格を安くして販売することができています。海外で仕入れることによって概ね3割程原価を下げることができました。他社様より安い缶バッジを販売できるようにするために努力しています。

三角形のマグネット缶バッジ

写真は三角形のマグネット缶バッジです。コピー用紙なら5枚程度は余裕で固定できます。円形以外にもハート型、星形、三角形などの異形状の缶バッジもマグネットにすることができますのでご相談ください。

缶バッジのことなら当社へどうぞ。

缶バッジの三角形が出ました

弊社では色々な缶バッジを提供していますが、その中で三角形の缶バッジをご紹介したいと思います。缶バッチというと円形、丸型を想像している方も多いかと思います。確かに市場に出回っている大多数の缶バッジは丸型ですね。

弊社ではキーホルダーや携帯ストラップなども扱っているのですが、これらのアイテムに関しても一番売れているのは丸型か四角なんです。オーソドックスな形が一番良く売れるということのようです。一般の方はオーソドックスな形状を求められる中、広告会社様やデザイン会社様等においては逆に目新しいものを好まれるようです。その先のクライアント様に対して今までとは違ったインパクトを与えて受注に向けて動いていくというスタンスのようです。

私自身、丸型だけでは飽きてしまうということも懸念していますし、私たちは常に新しいモノ、珍しいモノを販売してお客様を飽きさせないというコンセプトを持っていますので、新しい商品は常に探し続けています。そこで三角形の缶バッジをリリースいたしました。

大きさは70ミリ×62ミリなので57ミリの円形と同じかちょっと大きいくらいのイメージになります。三角形の缶バッチはインパクトと与える目的としても十分ですし、今ある三角形のロゴやデザインをそのまま入れてもいいと思います。三角形が合うデザインだと山のイラストでしょうかね。先日は「おにぎり」のイラストの缶バッチを作成させていただきました。

三角形缶バッジ

コンビニで売っているパッケージをそのまま缶バッジ三角形にしてもいいですね。ちなみに、円形でカップラーメンの蓋のパッケージのデザインをそのまま缶バッチで製作させていただいたことがありましたが、何とも面白い企画だったのを覚えています。それと同じようにおにぎりでも作成させていただきました。

三角形のデザインで他に思い浮かぶのは道路標識ですね。例えば「止まれ」とか「その他注意」という標識のデザインは三角形の缶バッチに似合いますね。お客様のロゴとか商標などでも三角形のデザインがあればこの缶バッジで作成してみてはいかがでしょうか。

缶バッジ三角形の裏面写真

缶バッチ三角形の裏側はどのようになっているのかが気になる方も多いかと思いますが、写真のようになっています。ピンが付いている穴の他にも穴が開いていますが、これは何なのかといいますと。写真の場合は正三角形で今空いているところにピンを付けると逆三角形になります。三角形の缶バッジは正三角形と逆三角形の両方で製作できますので、お客様のデザインによって決められます。この三角形でお客様のクリエイティブな感性が広がることを私たちは望んでいます。

缶バッジ 三角形の詳細はこちらよりどうぞ