ブログ

マグネット缶バッチの種類と磁石について

マグネット缶バッチは円形から四角形と色々な種類があり円形は32ミリから76ミリまでのサイズに対応しています。どのサイズが売れているかといいますと、ノーマルピン(フックピン)と同じく32ミリが一番売れています。この32ミリサイズが一番使いやすいとお客様よりお聞きしています。

マグネットを使ったノベルティというと、カード型(名刺型)の角丸四角形のマグネットシートが有名かと思います。どこのご家庭の冷蔵庫にも水道関係、ガス関係のマグネットシートが付いています。また、マグネットバーといったものもあり、会社のロゴマークや商品名などが印刷されています。あとはクリップが付いたものがあって、どれも実用的であると便利なものが多いです。ただし、これらのアイテムはロット数がある程度多くないと割高になることがあります。缶バッチだと全体にオリジナルのデザインが印刷できて小ロットでも価格が安いといってご購入いただいています。

栓抜きマグネット缶バッジ

ところで、この缶バッジに使う磁石には色々と種類がありまして、その特性を活かしてそれぞれの缶バッジに使用しています。まず。磁石にはラバー、フェライト、ネオジム(ネオジウムとも呼ばれています。)、サマリウムコバルトなどがあります。簡単に分けると磁力や強度、耐食性などで違ってきます。価格などもかなり違ってきますので缶バッジに使う磁石としては、ラバーやフェライトという選択肢になります。磁力と価格の間をとって選んでいます。

ラバー磁石とフェライト磁石で比べると、フェライト磁石の方が磁力は強いのですが、大きいと重くなるのと割れやすくなるため、缶バッジのサイズごとにこの二つの磁石を使い分けています。32ミリ~44ミリまではフェライト磁石を使い57ミリと76ミリはラバーマグネットを使っています。32ミリ~44ミリの小さいサイズでは磁力がないと実用性に欠けますのでフェライトマグネットを使い、それ以上の大きさですと接する面積が大きくなりますのでラバーマグネットでも十分実用的に使えると判断しています。

弊社では他社様と違い、海外よりこのマグネットを仕入ていますので他社様よりも価格を安くして販売することができています。海外で仕入れることによって概ね3割程原価を下げることができました。他社様より安い缶バッジを販売できるようにするために努力しています。

三角形のマグネット缶バッジ

写真は三角形のマグネット缶バッジです。コピー用紙なら5枚程度は余裕で固定できます。円形以外にもハート型、星形、三角形などの異形状の缶バッジもマグネットにすることができますのでご相談ください。

缶バッジの三角形が出ました

弊社では色々な缶バッジを提供していますが、その中で三角形の缶バッジをご紹介したいと思います。缶バッチというと円形、丸型を想像している方も多いかと思います。確かに市場に出回っている大多数の缶バッジは丸型ですね。

弊社ではキーホルダーや携帯ストラップなども扱っているのですが、これらのアイテムに関しても一番売れているのは丸型か四角なんです。オーソドックスな形が一番良く売れるということのようです。一般の方はオーソドックスな形状を求められる中、広告会社様やデザイン会社様等においては逆に目新しいものを好まれるようです。その先のクライアント様に対して今までとは違ったインパクトを与えて受注に向けて動いていくというスタンスのようです。

私自身、丸型だけでは飽きてしまうということも懸念していますし、私たちは常に新しいモノ、珍しいモノを販売してお客様を飽きさせないというコンセプトを持っていますので、新しい商品は常に探し続けています。そこで三角形の缶バッジをリリースいたしました。

大きさは70ミリ×62ミリなので57ミリの円形と同じかちょっと大きいくらいのイメージになります。三角形の缶バッチはインパクトと与える目的としても十分ですし、今ある三角形のロゴやデザインをそのまま入れてもいいと思います。三角形が合うデザインだと山のイラストでしょうかね。先日は「おにぎり」のイラストの缶バッチを作成させていただきました。

三角形缶バッジの表の写真

コンビニで売っているパッケージをそのまま缶バッジ三角形にしてもいいですね。ちなみに、円形でカップラーメンの蓋のパッケージのデザインをそのまま缶バッチで製作させていただいたことがありましたが、何とも面白い企画だったのを覚えています。それと同じようにおにぎりでも作成させていただきました。

三角形のデザインで他に思い浮かぶのは道路標識ですね。例えば「止まれ」とか「その他注意」という標識のデザインは三角形の缶バッチに似合いますね。お客様のロゴとか商標などでも三角形のデザインがあればこの缶バッジで作成してみてはいかがでしょうか。

三角形缶バッジの裏の写真

缶バッチ三角形の裏側はどのようになっているのかが気になる方も多いかと思いますが、写真のようになっています。ピンが付いている穴の他にも穴が開いていますが、これは何なのかといいますと。写真の場合は正三角形で今空いているところにピンを付けると逆三角形になります。三角形の缶バッジは正三角形と逆三角形の両方で製作できますので、お客様のデザインによって決められます。この三角形でお客様のクリエイティブな感性が広がることを私たちは望んでいます。

三角形缶バッジの詳細はこちらよりどうぞ