普通の缶バッジに飽きたら王冠タイプで差別化しませんか?

缶バッジの王冠タイプを商品化してみました

お客様から「何か新しい缶バッジの形状やタイプはないのでしょうか?」といったお話をいただきましたので何かいい商品はないかとずっと考えていました。そして国内外のサイトを色々みていまして、王冠型の缶バッチって商品化できないかなというアイデアが浮かんできました。海外では王冠を缶バッジにしている例はかなりありまして、もちろん日本でもあることはあるのですが、価格が高いように思いました。そこをなんとかアンフィニ(この缶バッジ製作屋の運営会社です)らしく安い価格で製作できないかということで王冠タイプの缶バッチを商品化しました。

缶バッジ 王冠ななめ前の写真

王冠缶バッジの大きさは25ミリの大きさでビールやジュースの王冠と同じサイズとなっています。ベースになる素材は通常の缶バッジと同じくスチールです。素材のシルバーの色にした方がどのようなデザインでも合わせやすいのでシルバーといたしました。お子様向けのビール(清涼飲料水)がお子様に人気ですが、それの大人版といったデザインで作ってみました。大人向けなのでただのビールですが・・・(笑)

王冠缶バッジクリップ裏
表面だけ見てもわからないので裏の写真をとってみました。パーツはクリップバッジにして汎用性を高めました。クリップでも安全ピンでもどちらでもお使いいただけます。

王冠缶バッジはマグネットタイプもあります

王冠缶バッジマグネットの裏の写真
こちらは缶バッチ王冠の裏面の写真ですが、フェライト磁石になっていますのでかなり強力です。実用性を考えたらフェライト磁石ですね。通常のマグネットタイプの缶バッジと同じ磁石を使っています。

缶バッチ王冠の集合写真
試作品はビールの王冠のデザインばかりになってしまいましたが、トライバルの模様とか梵字なども面白いかもしれません。

王冠バッジの作り方は?

缶バッチの王冠タイプってどうやって作っているのか気になる方もるかと思いますので、サラッとご説明します。まず、デザインをシールの用紙に印刷して、ラミネート加工したものを25mmの円形にカットします。そして、銀の王冠の缶バッジパーツを用意してその上からデザインのシールを貼ります。後は王冠缶バッチの裏にクリップピンかマグネットを接着して完成です。シールの素材、ラミネートはPETフィルムを使っていて、紙ではないのでかなり丈夫かと思います。

缶バッチ王冠タイプ集合写真2
構造はなるべく簡単にした方がお客様には安く販売することができますのでどんどん簡素化して(もちろん綺麗さはアップさせていきます。)なるべくお安くさせていただく予定です。

価格等はこちらへ
缶バッジ 王冠タイプ