ブログ

缶バッジミラーはどこも同じと思っていませんか?

缶バッジのミラータイプをご注文の方は右の商品一覧からどうぞ ⇒ ⇒

ミラータイプの缶バッジについて、お客様よりいくつかご質問をいただいています。例えば、「ミラーはガラスですか?アクリルですか」といったことです。弊社ではできるだけ本物に近い形でお届けしたいと考えていますのでガラスの鏡を使用しています。アクリルですと軽くて割れにくくて使いやすいところがあるのですが、樹脂でできているためキズが付きやすいところがあります。ご質問をいただいたお客様は以前に別の業者様にて缶ミラーを作成されたことがあったようですが、アクリルの鏡だったためミラーにキズが沢山ついてしまって使いものにならなくなってしまったということでした。

同じようなご質問やご相談を結構いただいていましたが、その度に「弊社ではガラスの鏡を使用していますので大丈夫です」とお返事していました。製造コストや配送のコストからしますと軽くて扱いやすいアクリルを選ばれる業者様は多いと思います。しかし、お客様のこのような問題があるという現実を考慮しますと、アクリルの素材を使うことによりクレームの元になってしまいますし、お客様の満足度の低下に繋がります。従いまして弊社では販売当初よりガラス製のミラーを採用しています。

また別のご質問では「缶バッジミラーの鏡を指で押すと簡単にへこんでしまうのですが、何とかならないものでしょうか?」ということでした。これもよくあるご質問の一つです。缶バッジミラーのパーツというのは、パーツを仕入れている業者が一緒なので同じ部品を使用しているということになります。ただし、同じ部品を使用していも製造工程を工夫することで、オリジナル商品になることもあるのです。缶バッチミラーの作り方は以下の写真のパーツを使用して作ります。

缶バッジのミラーをリメイクしたいとういご質問もいただくのですが、このパーツですので一旦、缶ミラーを作ってしまうと分解することができませんので、リメイクは難しいかと思います。

缶バッジミラーのパーツ

缶バッジミラーの指で強く押すとへこんでしまうということを解決するために、弊社では缶ミラーを作る際に発砲系の特殊素材を缶バッジの部品の中に入れることにいたしました。これによって鏡の部分を指で軽くおしたくらいでは鏡がへこむことはなくなりました。他社様に先駆けてこの方法を採用したことで弊社のオリジナル商品とすることができました。

缶ミラーの他社との比較
他社缶ミラーと弊社缶バッチミラーの比較です。ミラーの上の部分をご覧いただきますと、親指で強く押したときにミラー部分がへこんでいるのがお分かりになりますでしょうか?一般的なパーツですと円形の薄い板状のスチールを挟むだけですのでこのように軽く押しただけでもへこんでしまいます。下の写真が弊社の仕様になっており、軽く指で押しただけではミラーがへこむことはありません。

また別のご質問では、「他社で作ったら、缶バッジミラー同士がキズついてしまいました。」ということでした。これは鏡の問題ではなく、缶バッジ本体の問題です。お客様にその状態をお聞きしましたところ、他社では缶バッジ製造後に無造作に重ねて納品されたそうでした。25ミリの小さいサイズでしたらまとめて大きい袋にいれても缶バッジがキズつくことはないのですが、大きいサイズになりますと個々の重さがありますので、単純に重ねて梱包しますと缶バッジ同士が擦れてキズがついてしまいます。

弊社ではこのようなことを防ぐために発砲ポリエチレンでできた帯状の緩衝材(ミラーマットやライトロン等と呼ばれています。)を使って缶バッジを1個ずつ丁寧に包んでいきます。それによって缶バッジにキズが付いたというクレームは全く起きておりません。また、場合によってはプチプチというエアキャップを使うこともありますのでさらに傷付きにくく中身の鏡がわれないように気を遣っています。

このように缶バッジはどこでも同じではなく微妙に仕様が違っているということがお分かりいただけましたでしょうか。他社様との違いが弊社の独自性につながりますのでこれからも工夫して弊社独自の仕様としてお客様にお届けできればと思っています。

缶ミラーの個包装オプションは通常の透明OPPのほかにソフトPVCの素材のミラーケースもあります。ミラーケースにいれればそのままオリジナル缶ミラーとして販売することもできます。またOPP袋のように使い捨てではないので長持ちします。

57ミリの缶バッジミラーはこちらからどうぞ

76ミリの缶バッジミラーはこちらからどうぞ

 

マグネット缶バッチの磁石の磁力や品質の違いを知りたい方必見!一般的な仕様との違いは?

一般的な缶マグネットの仕様では磁力が弱い?

缶バッジのマグネットタイプは最近では「缶マグネット」とも呼ばれていて、主にノベルティ用として多くの数量を生産しています。お客様から質問をいただくのですが、「缶マグネットに使う磁石の磁力はどのくらいですか?」ということです。というのも他社様で缶バッジのマグネットを作ったら、磁石の力が弱くてメモ用紙などが1枚しか挟めないとか、3枚挟んだらコピー用紙が落ちてしまったということでした。

マグネット仕様の缶バッジを作るからには実用的でないとお客様からのクレームの元となってしまいます。お客様がおっしゃていた磁力の弱いマグネットはこちらの写真のものかと思います。(マグネット缶バッジの裏面の写真です。)

薄いマグネットシート

他社様の一般的な仕様です。ラバーマグネットは磁石のシートがとても薄いです

写真をご覧いてわかるとおり缶バッジの裏にマグネットシートが貼ってあり、このシートが非常に薄いのです。厚さは1ミリ程度しかないので、これでは正直いって実用的ではないかと思います。しかし、缶バッジの資材メーカーではこのような仕様で販売していますので、そのまま使っている缶バッジ製造業者様も多くいらっしゃいます。

弊社で最初にこのマグネットシートを試してみて「これは使えないな」と判断しました。マグネットシートのものは、コピー用紙で1枚か2枚が限界で、缶バッチそのものの重さに耐えられるかどいうかといったところでした。ということで弊社はこのタイプのマグネットシートは使っていません。

 

弊社ではフェライト磁石と厚みのある強力ラバーマグネットを使用

弊社ではこの写真のようにフェライト磁石という強力な磁力を持つ磁石を独自に使っています(写真の上のもの)。また、大きいサイズの缶マグネットは強力ラバーマグネットを使っています(写真の下のもの)。磁石の厚みも3ミリ~4ミリ程度ありますので実用性に富んでいます。同じラバーマグネットでも厚みがあるとその分磁力も増します。

強力ラバーとフェライト磁石

上はフェライト磁石、下は厚みのある強力ラバーマグネット

 

缶バッジの大きさやマグネットの特性を活かしてそれぞれの缶バッジに使用しています。細かくいいますと、磁石にはラバー、フェライト、ネオジム(ネオジウムとも呼ばれています。)、サマリウムコバルトなどがあります。簡単に分けると磁力や強度、耐食性などで違ってきます。価格などもかなり違ってきますので缶バッジに使う磁石としては、ラバー磁石やフェライト磁石という選択肢になります。磁力と価格の間をとって選んでいます。

ラバー磁石とフェライト磁石で比べると、フェライト磁石の方が磁力は強いのですが、大きいと重くなるのと割れやすくなるため、缶バッジのサイズごとにこの二つの磁石を使い分けています。32ミリ~44ミリまではフェライト磁石を使い57ミリと76ミリはラバーマグネットを使っています。32ミリ~44ミリの小さいサイズでは磁力がないと実用性に欠けますのでフェライトマグネットを使い、それ以上の大きさですと接する面積が大きくなりますのでラバーマグネットでも十分実用的に使えると判断しています。

弊社では他社様と違い、海外よりこのマグネットを仕入ていますので他社様よりも価格を安くして販売することができています。海外で仕入れることによって以前より概ね3割程原価を下げることができました。他社様より安い缶バッジを販売できるようにするために努力しています。

コピー用紙を使ってマグネット缶バッジのテストする

栓抜きマグネット缶バッジ

コピー用紙を数枚重ねて缶マグネットのテストしてます。

 

マグネット缶バッチは円形から四角形と色々な種類があり円形は32ミリから76ミリまでのサイズに対応しています。どのサイズが売れているかといいますと、ノーマルピン(フックピン)と同じく32ミリが一番売れています。この32ミリサイズが一番使いやすいとお客様からお聞きしています。

32ミリの缶バッジ マグネットはこちらです。

次に売れているのは57ミリのマグネット缶バッジです。57ミリの大きさですので主に広告用やノベルティといった販売促進用に使われることが多いようです。社名や商品名を大きく入れてアピールするには57mm、76mmといった大きいサイズがいいですね。

マグネットを使ったノベルティというと、カード型(名刺型)の角丸四角形のマグネットシートが有名かと思います。どこのご家庭の冷蔵庫にも水道関係、ガス関係のマグネットシートが付いています。また、マグネットバーといったものもあり、会社のロゴマークや商品名などが印刷されています。あとはクリップが付いたものがあって、どれも実用的であると便利なものが多いです。ただし、これらのアイテムはロット数がある程度多くないと割高になることがあります。

三角形のマグネット缶バッジ

こちらはコピー用紙5枚挟んでテストしています

写真は三角形のマグネット缶バッジです。コピー用紙なら5枚程度は余裕で固定できます。円形以外にもハート型星形三角形などの異形状の缶バッジもマグネットにすることができますのでご相談ください。

缶バッチのことなら当社へどうぞ。

缶バッジの三角形が出ました

弊社では色々な缶バッジを提供していますが、その中で三角形の缶バッジをご紹介したいと思います。缶バッチというと円形、丸型を想像している方も多いかと思います。確かに市場に出回っている大多数の缶バッジは丸型ですね。

弊社ではキーホルダーや携帯ストラップなども扱っているのですが、これらのアイテムに関しても一番売れているのは丸型か四角なんです。オーソドックスな形が一番良く売れるということのようです。一般の方はオーソドックスな形状を求められる中、広告会社様やデザイン会社様等においては逆に目新しいものを好まれるようです。その先のクライアント様に対して今までとは違ったインパクトを与えて受注に向けて動いていくというスタンスのようです。

私自身、丸型だけでは飽きてしまうということも懸念していますし、私たちは常に新しいモノ、珍しいモノを販売してお客様を飽きさせないというコンセプトを持っていますので、新しい商品は常に探し続けています。そこで三角形の缶バッジをリリースいたしました。

大きさは70ミリ×62ミリなので57ミリの円形と同じかちょっと大きいくらいのイメージになります。三角形の缶バッチはインパクトと与える目的としても十分ですし、今ある三角形のロゴやデザインをそのまま入れてもいいと思います。三角形が合うデザインだと山のイラストでしょうかね。先日は「おにぎり」のイラストの缶バッチを作成させていただきました。

三角形缶バッジ

コンビニで売っているパッケージをそのまま缶バッジ三角形にしてもいいですね。ちなみに、円形でカップラーメンの蓋のパッケージのデザインをそのまま缶バッチで製作させていただいたことがありましたが、何とも面白い企画だったのを覚えています。それと同じようにおにぎりでも作成させていただきました。

三角形のデザインで他に思い浮かぶのは道路標識ですね。例えば「止まれ」とか「その他注意」という標識のデザインは三角形の缶バッチに似合いますね。お客様のロゴとか商標などでも三角形のデザインがあればこの缶バッジで作成してみてはいかがでしょうか。

缶バッジ三角形の裏面写真

缶バッチ三角形の裏側はどのようになっているのかが気になる方も多いかと思いますが、写真のようになっています。ピンが付いている穴の他にも穴が開いていますが、これは何なのかといいますと。写真の場合は正三角形で今空いているところにピンを付けると逆三角形になります。三角形の缶バッジは正三角形と逆三角形の両方で製作できますので、お客様のデザインによって決められます。この三角形でお客様のクリエイティブな感性が広がることを私たちは望んでいます。

缶バッジ 三角形の詳細はこちらよりどうぞ