缶バッジの三角形が出ました

弊社では色々な缶バッジを提供していますが、その中で三角形の缶バッジをご紹介したいと思います。缶バッチというと円形、丸型を想像している方も多いかと思います。確かに市場に出回っている大多数の缶バッジは丸型ですね。

弊社ではキーホルダーや携帯ストラップなども扱っているのですが、これらのアイテムに関しても一番売れているのは丸型か四角なんです。オーソドックスな形が一番良く売れるということのようです。一般の方はオーソドックスな形状を求められる中、広告会社様やデザイン会社様等においては逆に目新しいものを好まれるようです。その先のクライアント様に対して今までとは違ったインパクトを与えて受注に向けて動いていくというスタンスのようです。

私自身、丸型だけでは飽きてしまうということも懸念していますし、私たちは常に新しいモノ、珍しいモノを販売してお客様を飽きさせないというコンセプトを持っていますので、新しい商品は常に探し続けています。そこで三角形の缶バッジをリリースいたしました。

大きさは70ミリ×62ミリなので57ミリの円形と同じかちょっと大きいくらいのイメージになります。三角形の缶バッチはインパクトと与える目的としても十分ですし、今ある三角形のロゴやデザインをそのまま入れてもいいと思います。三角形が合うデザインだと山のイラストでしょうかね。先日は「おにぎり」のイラストの缶バッチを作成させていただきました。

三角形缶バッジ

コンビニで売っているパッケージをそのまま缶バッジ三角形にしてもいいですね。ちなみに、円形でカップラーメンの蓋のパッケージのデザインをそのまま缶バッチで製作させていただいたことがありましたが、何とも面白い企画だったのを覚えています。それと同じようにおにぎりでも作成させていただきました。

三角形のデザインで他に思い浮かぶのは道路標識ですね。例えば「止まれ」とか「その他注意」という標識のデザインは三角形の缶バッチに似合いますね。お客様のロゴとか商標などでも三角形のデザインがあればこの缶バッジで作成してみてはいかがでしょうか。

缶バッジ三角形の裏面写真

缶バッチ三角形の裏側はどのようになっているのかが気になる方も多いかと思いますが、写真のようになっています。ピンが付いている穴の他にも穴が開いていますが、これは何なのかといいますと。写真の場合は正三角形で今空いているところにピンを付けると逆三角形になります。三角形の缶バッジは正三角形と逆三角形の両方で製作できますので、お客様のデザインによって決められます。この三角形でお客様のクリエイティブな感性が広がることを私たちは望んでいます。

缶バッジ 三角形の詳細はこちらよりどうぞ