缶バッジミラーはどこも同じと思っていませんか?

缶バッジのミラータイプをご注文の方は右の商品一覧からどうぞ ⇒ ⇒

ミラータイプの缶バッジについて、お客様よりいくつかご質問をいただいています。例えば、「ミラーはガラスですか?アクリルですか」といったことです。弊社ではできるだけ本物に近い形でお届けしたいと考えていますのでガラスの鏡を使用しています。アクリルですと軽くて割れにくくて使いやすいところがあるのですが、樹脂でできているためキズが付きやすいところがあります。ご質問をいただいたお客様は以前に別の業者様にて缶ミラーを作成されたことがあったようですが、アクリルの鏡だったためミラーにキズが沢山ついてしまって使いものにならなくなってしまったということでした。

同じようなご質問やご相談を結構いただいていましたが、その度に「弊社ではガラスの鏡を使用していますので大丈夫です」とお返事していました。製造コストや配送のコストからしますと軽くて扱いやすいアクリルを選ばれる業者様は多いと思います。しかし、お客様のこのような問題があるという現実を考慮しますと、アクリルの素材を使うことによりクレームの元になってしまいますし、お客様の満足度の低下に繋がります。従いまして弊社では販売当初よりガラス製のミラーを採用しています。

また別のご質問では「缶バッジミラーの鏡を指で押すと簡単にへこんでしまうのですが、何とかならないものでしょうか?」ということでした。これもよくあるご質問の一つです。缶バッジミラーのパーツというのは、パーツを仕入れている業者が一緒なので同じ部品を使用しているということになります。ただし、同じ部品を使用していも製造工程を工夫することで、オリジナル商品になることもあるのです。缶バッチミラーの作り方は以下の写真のパーツを使用して作ります。

缶バッジミラーのパーツ

缶バッジミラーの指で強く押すとへこんでしまうということを解決するために、弊社では缶ミラーを作る際に発砲系の特殊素材を缶バッジの部品の中に入れることにいたしました。これによって鏡の部分を指で軽くおしたくらいでは鏡がへこむことはなくなりました。他社様に先駆けてこの方法を採用したことで弊社のオリジナル商品とすることができました。

缶ミラーの他社との比較
他社缶ミラーと弊社缶バッチミラーの比較です。ミラーの上の部分をご覧いただきますと、親指で強く押したときにミラー部分がへこんでいるのがお分かりになりますでしょうか?一般的なパーツですと円形の薄い板状のスチールを挟むだけですのでこのように軽く押しただけでもへこんでしまいます。下の写真が弊社の仕様になっており、軽く指で押しただけではミラーがへこむことはありません。

また別のご質問では、「他社で作ったら、缶バッジミラー同士がキズついてしまいました。」ということでした。これは鏡の問題ではなく、缶バッジ本体の問題です。お客様にその状態をお聞きしましたところ、他社では缶バッジ製造後に無造作に重ねて納品されたそうでした。25ミリの小さいサイズでしたらまとめて大きい袋にいれても缶バッジがキズつくことはないのですが、大きいサイズになりますと個々の重さがありますので、単純に重ねて梱包しますと缶バッジ同士が擦れてキズがついてしまいます。弊社ではこのようなことを防ぐために帯状の緩衝材を使って缶バッジを1個ずつ丁寧に包んでいきます。それによって缶バッジにキズが付いたというクレームは全く起きておりません。

このように缶バッジはどこでも同じではなく微妙に仕様が違っているということがお分かりいただけましたでしょうか。他社様との違いが弊社の独自性につながりますのでこれからも工夫して弊社独自の仕様としてお客様にお届けできればと思っています。

缶ミラーの個包装オプションは通常の透明OPPのほかにソフトPVCの素材のミラーケースもあります。ミラーケースにいれればそのままオリジナル缶ミラーとして販売することもできます。またOPP袋のように使い捨てではないので長持ちします。

57ミリの缶バッジミラーはこちらからどうぞ

76ミリの缶バッジミラーはこちらからどうぞ