ステッカー・シールの選び方についてご説明しています。

  • ステッカー製作屋のトップへ
  • ステッカー・シールの選び方
  • データの作成方法
  • 特定商取引法に関する法律表示
  • ご質問フォーム
  • お見積り・ご注文フォーム

ステッカー・シールの選び方について

ステッカー、シールというとどこが違うのかお分かりになっていらっしゃる方も少ないと思いますし、実際には細かく定義されておらず、専門業者さん達でもわからないということが多いです。また各社定義もバラバラで余計にわかりにくくなっているのが実情です。

そこで、弊社ではステッカーを屋外用途、シールを屋内用途としました。

お客様がどのような場所で使われるかが多岐に渡るかと思いますが、使用する場所が屋内なのか屋外なのかはお分かりになっているかと思います。従いまして、お見積もりやお問合せ、ご注文の際には上記の分け方を基準に「ステッカー」か「シール」のどちらかでご相談いただければと思います。

また、シールやステッカーというものは印刷の機械や印刷の方式と使う素材も紙からフィルムなど多くの選択肢がありこれもお客様を混乱させてしまうことになっています。これにつきましては「使用用途」「印刷素材」「印刷方式」で具体的な例をあげさせていただきますので、その中からお客様にぴったり合うものをお選びいただけます。

使用用途で選ぶ

ステッカーやシールを使う用途としては様々あります。たとえば屋内用途では商品パッケージに貼るロゴシールや成分表示シールとして、梱包した段ボールなどに貼る荷札用などがあります。屋外では自家用や自家用バイクに貼るステッカーとして、お店のガラス窓や看板用として、クラブやチームで使うものとしてなど色々あります。このような「用途で選ぶ」のページからお客様がどのような使い方かをするかで選んでいただけます。

印刷用紙・素材で選ぶ

シールやステッカーは既に多くの場所や商品などに貼られています。そんな中でどれがそれに適しているかというと分からないのが実情かと思います。それぞれの素材には特徴があり適さない所に貼ってしまってはシールやステッカーの本来の能力が発揮できません。それどころか役に立たないものを作ってしまうといリスクがあります。そこで代表的な印刷素材をあげていますのでその中からお客様に合う素材を見つけていただけるかと思います。

印刷種類で選ぶ

印刷種類は凸版や平版、オフセット印刷、シルク印刷など様々な種類がありますが、一般のお客様には分かりにくいものかと思います。それぞれ利点や欠点がある中でお客様の求めている物にたいしどの印刷が一番適しているかが分かりやすいようにご説明しております。また印刷の種類がある程度わかっていらっしゃる方であればこちらから適したものをお探しいただいても結構かと思います。