カッティングシート、カッティングステッカーについて|ステッカー製作屋

  • ステッカー製作屋のトップへ
  • ステッカー・シールの選び方
  • データの作成方法
  • 特定商取引法に関する法律表示
  • ご質問フォーム
  • お見積り・ご注文フォーム

カッティングシートについて

カッティングステッカーやカッティングシートについて説明させていただきます。切り文字ステッカーとも呼ばれ昔は職人による手切り(フリーハンドカット)でしたが、コンピューターの普及により細かい文字が素早くカットできるようになりました。それぞれ特徴やメリット・デメリットがありますので下記をご覧いただいた上でご注文いただければと思います。(カッティングシートは株式会社中川ケミカルの登録商標です)

カッティングシートの特徴上の図のように予め決まった色のカッティングシートを使います。それをお客さまのデザインや文字に沿ってカッティングマシン(カッティングプロッタ)でカットします。必要の無い部分はシートを剥がして文字やデザインだけが貼れるようにします。文字やデザインのみ貼れるのでインパクトがある作品ができるかと思います。
カッティングシートのデメリットカッティングステッカーは色のついたシートをカットするだけですので印刷はできません。またお客様のご指定の色に合わせるということはできません。色指定や印刷が必要な場合はシルク印刷かフルカラーステッカーになります。カッティングマシンでカットしますのであまり小さい文字やデザインについてはカットできない場合もございますのでなるべく大き目にデザインする必要がございます。

カッティングシートはこんな場所で使われています

カッティングシートはDIYショップに行くと切り売りしていますので、購入してきてご自身でカットして作成された方も多いかと思います。大きな文字やデザインであればカッターなどを使って切ることも難しくないかもしれませんが1文字が1センチとか細かいデザインの場合ですと一般の方ではとても難しい作業になるかと思います。今ではカッティングマシンがそんな面倒な作業も一気にやってくれますので便利な世の中になりました。

お店の看板や目印として

お店の看板や目印となるものは、そのお店がどんな店なのかを知らせるために必要です。また目印になるものがあればお客様が簡単に見つけることができますので顧客を失う機会損失を減らすことができます。お店の看板のデザイン次第でもお客様の来店率は変わってきますので店舗の機能としては重要な部分かと思います。看板というと通常は看板の専門業者様へご相談して作成してもらっていましたが、最近では看板そのものも安く購入できますので、看板は別の所で購入して中に入れる文字やデザインを弊社のようなステッカー業者へご注文することも多くなりました。コツさえつかめばカッティングシートを貼る作業も難しくないのですが、自身の無い方は看板業者様へ任せてしまう方がいいかもしれません。

ガラス窓に貼るサインや案内版として

お店の中でもう一つ重要な場所は店頭のガラスウインドウです。レストランなどのガラスドアの所に店名や営業時間、ラストオーダーの時間などをお洒落な書体を使って貼ってあります。お客様に情報を伝えるという点ではたいへん重要です。お店の雰囲気を損なわないようなデザインも大切かと思います。反対にディスカウントストアや量販店などは派手なデザインで大きい書体を使ってメーカーのロゴやセールの案内、営業案内などをガラスに貼っています。

クラブステッカー、チームステッカーとして

クルマの走り屋のチームやオーナーズクラブといった特定の集まりではオリジナルのロゴやマークを入れたステッカーを作っています。バイクのツーリングクラブや走行会といった仲間同士、スキーチーム、スノーボードチーム、サーフィン、ダイビングの仲間などでもオリジナルステッカーとしてこのカッティングシートが利用されています。

販売用、ノベルティ用として

特定の商品を販売しているショップ、例えば車用品の専門店、釣り具の専門メーカーなどではその会社のロゴの入ったステッカーを販売したり、ノベルティとしてお客様に差し上げたりしています。通常はシルク印刷でクオリティの高いものを作成していますが、文字だけが貼れるというデザイン性に興味をしめしていただきカッティングシートで作成することもあります。特に車のウインドウに貼るには文字だけ貼れるカッティングシートが最適です。金額というだけでなくデザイン性の高いものも作れます。