缶バッジの専門家がご質問に答えます

缶バッチの安全ピンとフックピンの違いとその選び方は?

初めて缶バッジを作成するという方も多いかと思います。缶バッチを初めて作る方が大いに気になっているのは「缶バッジの裏の安全ピンとフックピンの違い」です。サイト内の写真や文字だけでは分かりづらいということでお電話で直接ご質問いただくことも多いのですが、商品説明ページは、なるべく完結に商品写真と価格を載せることが必要となり、初めての方には分かりにくいかと思います。そこで缶バッジの専門家である私が「安全ピンとフックピンの違い」や「安全ピンとフックピンの選び方」を解説させていただきます。

 

缶バッジ安全ピンとフックピンの写真

左はフックピンで、右は安全ピンです。缶バッジの使用用途によりご提案しています。

安全ピンとフックピンの缶バッジの違いとは?

缶バッジの裏のピンは大きく分けて安全ピンとフックピンがあります。安全ピンは広く一般的なものですのであえてご説明しなくてもお分かりになるかと思います。フックピンとは左記がU字に曲がった二本のフックでピンを留めることで安全性に配慮したピンになります。二本のフックということでダブルフックピンとも呼ばれています。(弊社では一般的なピンということで「ノーマルピン」として缶バッチを販売しています。)

フックピンと「の」の字ピンの写真

左は25ミリの「の」の字ピン、右は弊社独自の25ミリのフックピンです。

ちなみに昔はシングルフックのピンもありましてしばらく使っていたのですが、ピンが飛び出ていてちょっと危ないということでダブルフックのものに変更しました。また25ミリの缶バッチは「の」の字ピンというスプリングピンを使っている業者様がほとんどですが、このスプリングピンも外れやすくて危ないといことで、弊社では25ミリのサイズでもダブルフックピンを使っています。25ミリのサイズでダブルフックピンは弊社だけになります。

缶バッチ安全ピンとフックピンのどちらを選べばよいですか?

「安全ピンとフックピンのどちらを選んだらよいですか?」というご質問も併せていただくことが多いです。このような場合はお客様に、どのような使用形態でご使用になるかをお尋ねいたします。例えばお子様向けのイベントでお子様に缶バッチを着けて楽しんでもらうという場合でしたら「安全ピンタイプ」をお勧めしております。お子様には特に安全性の配慮が必要になりますので安全ピンが必須と言ってもよいかと思います。またイベントで駅やショッピングモールの構内などで配布する時には安全ピンタイプでないと使用許可が下りない場合もあります。フックピンと比べますと価格が高くなりますが安全性が必要になる場合は安全ピンが良いでしょう。

缶バッジ安全ピンはこちらから

 

一方、フックピンは価格も安いということで一番流通しているタイプです。とにかく安く缶バッジを作って配布したいとか、ノベルティ用としてあまりお金をかけたくないという方にはフックピンをお勧めしています。なるべく缶バッジを安く配布したいという目的を達成するためにはこのフックピンが良いでしょう。もちろんお子様向けだからといっても全ての方が安全ピンを選ぶわけではありません。お子様向けのイベントでもフックピンを選択される方は沢山いらっしゃいます。安全ピンもフックピンも針ががついていますのでご使用にあたって気を付けることは一緒ですので予算等も考えながら決めていただければ良いかと思います。

缶バッジフックピンはこちらから

フックピンの缶バッジ

缶バッジの専門店だから豊富な知識で対応しています

缶バッジのクリップタイプのクリップはどれを選べばいいの?

缶バッジのクリップタイプは色々と種類があって、どのクリップを選んだらよいか分かりませんというご質問をいただきましたので、こちらで解説させていただきます。他社様では一般的なクリップタイプしか扱ってないようですが、弊社では独自の目線で複数の商品を取り揃えております。

独自の商品選択で取り揃えたクリップタイプの缶バッジ

缶バッジクリップが勢ぞろい

クリップタイプの缶バッジは大きく分けると3種類になります。オーソドックスな「クリップタイプ缶バッチ」、プラスチック製のクリップと安全ピンが着いた「プラバッジ」、クリップのみで安価な「プラクリップバッジ」です。どれも特徴があってお客様からご相談をお受けした時にはご使用になる用途や目的などをお聞きして最適な缶バッチをお勧めさせていただいております。また、下記に主な特徴やセールスポイントを挙げていますので参考にしていただければと思います。

オーソドックスな缶バッチクリップタイプ

オーソドックスな缶バッジクリップの写真

こちらはオーソドックスな缶バッジのクリップタイプです。これはどこの缶バッチ屋さんでも販売されているタイプですね。屋内外の多くのイベントで活躍しています。クリップと安全ピンが着いていますので便利です。弊社では缶バッジの大きさによって2種類のクリップを使い分けています。

 

2種類の缶バッチ用クリップの写真

缶バッジクリップタイプに使うクリップは32mmの場合は左のものを使い、38ミリ~76ミリ、異形状の場合は右の白いクリップを使っています。32ミリですと白いクリップでは大きすぎて缶バッチの裏に入りませんので、左側の小さいクリップを使っています。他社様では日本国内のパーツ販売会社から仕入れていますが、弊社では海外から直接安く仕入れていますので、その分お客様にもお安くお届けすることができています。お客様になるべくお安くご購入いただけるようにこのような努力をしております。

オーソドックスな缶バッジクリップタイプはこちら

こんなクリップタイプのバッジもあります

透明なクリップバッジの写真

こちらもクリップに安全ピンが着いているもので「プラバッジ」になりますが、缶バッチと違うのは、素材が透明のプラスチック製になっています。多少の水濡れにも強いので屋外でのイベント向きになります。ゴルフ場のイベントとかマラソン大会などでご利用いただいたことがあります。

透明なプラスチッククリップバッジはこちらからどうぞ

 

プラクリップバッジの裏面写真

こちらは何ともシンプルな造りになっていますね。これは「プラクリップバッジ」です。表面は缶バッジの素材なんですが、裏面はプラスチックのクリップのみがついています。単純にシャツのポケットなどにつけるだけの簡単さが人気です。薄いし軽いしその上安いのでバラマキや配布用などに使われることが多いです。

プラクリップ缶バッチはこちらから

オーソドックスなクリップは安全ピン無しのクリップだけ付けることも可能ですのでご相談下さい。使用用途上でピンなどがついていると使用許可がおりないとか、安全上クリップだけでないといけないといった案件でクリップのみで製作させていただいたこともあります。丸型だけではなく、ハート型や星型、三角形などにも付けることができます。星型のクリップ付はお客様に大変ウケが良かったので正式に商品化も考えています。