缶バッジを1個から作りたい人向け

弊社では、創業当初では1個からまたは10個からという極小ロットでも対応しておりましたが、ここ数年の環境変化に伴いまして難しなったきました。

極小ロットで製作したというお客様のお声も沢山いただいており大変申し訳ないという気持ちでいっぱいです。

そこで、1個から作りたい人向けに情報を提供しようとこのコンテンツを作っています。

くるみボタンで缶バッジ!のびるラベルや無地のフィルムでしわなく作れる方法とは?

くるみボタンを使って缶バッジを作る方法というのはネットで検索すると沢山ありますが、ただ作るのではなくシワがない状態で缶バッチを作りたいと思っている方が多数いらっしゃいます。

くるみボタン缶バッチをシャツにつける

「100均でくるみボタンを買って作ってみたのですがしわになってしまいました。」とか、「缶バッジのふちに皺を無くしたいのですがどうしたらいいですか?」というご質問をいただきます。そこで、今回は、缶バッジのプロがおすすめするシワのない缶バッチの作り方をお教えしたいと思います。

 

缶バッジづくりの印刷用紙はやはり「のびるラベル」がベスト

くるみボタンで作成する方法はほとんどが普通の紙に印刷したり、お菓子のラベルフィルムを使ったものが紹介されているので、どうしても缶バッジのフチに「シワ」ができてしまいます。これらは収縮性のない素材ですので仕方がないこのなのです。100均で缶バッジ作りに必要なものを買ってきて簡単に作りたいということであればこの程度でも十分楽しめるかと思います。しかし、作っているうちにこのシワを何とかしたいと思ってくるのか、シワを無くしたいというご質問をいただくことが増えています。

では、収縮性の高い印刷用紙というと現在では「のびるラベル」のみとなります。あとは、白や黒などの無地のカッティングシートを貼って、それにデコレーションやデコパージュするという方法もあります。伸びるラベルもカッティングシートも「塩化ビニール」製ですので多少引っ張っても切れずに伸びるので三次曲面にシワや気泡が入らずに貼ることができます。

 

シワのないくるみボタン缶バッジの作り方

くるみボタンの缶バッチを作るときは38ミリの大きさのくるみボタンが一番作りやすいのでおすすめです。また、表と裏のフタを接着剤で接合するものと、押して接合するものがありますが、接着剤が必要ないものの方が簡単です。どちらも100均で販売されています。

 

①デザインをパソコンで作って伸びるラベルに印刷する。

デザインは38ミリのくるみボタンの場合ですと、背景を46ミリ程度まで同じ色で伸ばすとくるみボタンのふちまできれいになります。この写真ですと、デザインは38ミリ以内に収まっていて、背景(塗足し)は46ミリ程度まで広げています。

くるみボタン缶バッジ作り方0

 

②くるみボタンの余分な金具をペンチでまげる

くるみボタンにはひもや糸を通すための金具がついていますが、これは必要ありませんのでペンチで引き抜きやすいように曲げます。

くるみボタン缶バッジ作り方1

 

③くるみボタンの金具をペンチで引き抜く

この写真のように余分な金具をペンチで引き抜きます。抜いた金具は捨ててしまいましょう。

くるみボタン缶バッジ作り方2

 

④印刷した原稿を切り取ってくるみボタンに貼る

原稿をハサミなどで切ってくるみボタンの表のフタに貼ります。貼るときには空気が入らないように外側へ押し出しながらはるときれいに貼れます。また、ふちの曲面の部分は軽く引っ張って伸ばしながら貼るとシワにならずに貼ることができます。ただし、あまり強く引っ張ると破れてしまいますので注意が必要です。(ドライヤーで温めながら貼るとフィルムを伸ばしやすくなります。)

くるみボタン缶バッジ作り方3

ゆっくりと伸ばしながら貼るのがポイントです

 

⑤表と裏のパーツを打ち具台にいれて、打ち具で押し込む

先ほどの表のパーツと裏のパーツを打ち具台に入れて、打ち具を使って上から強く押し込みます。

くるみボタン缶バッジ作り方4

 

⑥裏にピンをつける

缶バッジの裏にピンをつけますが、おすすめの方法としては、こちらの「スーパークリップ」がいいかと思います。安全ピンをクリップに挟むだけですので簡単です。よくある、くるみボタンの金具に安全ピンをつけるだけですとかなりグラグラして使いずらいですが、こちらのタイプはグラグラすることなく安定しています。

くるみボタンのピンとクリップ

 

⑦くるみボタン缶バッジの完成

先ほどのピンを接着剤等でくるみボタンに固定して完成です。

くるみボタン缶バッジの完成

 

もう少しクオリティを上げたいのでしたら、「クリッキー」というクリップとピンの一体型のクリップがあります。糊付きのものなら貼るだけで出来上がりです。どうでしょうか?クオリティが上がりましたね。

クリップをつけたくるみボタン缶バッジ

 

無地のカッティングシートでデコレーションする

無地のカッティングシートを使って、その上からデコレーションするのも面白いです。カッティングシートはホームセンターなどで切り売りで販売されています。カッティングシートは塩ビ製ですのでゆっくりと伸ばしながら貼れるのできれいに貼ることができます。

カッティングシートで缶バッチ

缶バッジを無地にするとデコレーションが楽しめます

100均ではこのようなシールを売っていますので、いくつか購入してデコレーションしても楽しめます。今回はポップなものや和風のシールを買ってみました。

シールでくるみボタンをデコ1

たくさんのデコれるパーツがありました

 

100均で購入したシールでくるみボタンをデコってみました。シールの種類はたくさんありましたのでお気に入りのイラストなどを入れて楽しめます。

シールでくるみボタンをデコる2

シールを貼る前の状態で撮影しています

 

貼れる布を使って布缶バッジも作れる

布を使ったくるみボタンの缶バッジはありますが、裏に接着剤をつけて貼るときにしわになりやすいですね。しかし、この貼れる布を使って缶バッジの曲面に沿って伸ばしながら貼っていけばシワが無い状態で作れます。

貼れる布で缶バッチ

これは便利!布の裏に糊がついています。

 

早速貼れる布で缶バッジを作ってみました。くるみボタンより1センチ程度大きく円形に布をカットします。それを、くるみボタン上に伸ばしながら貼っていきます。布は多少伸びるのでシワになりそうな缶バッジのフチ部分や折り返し部分は少し強く引っ張って貼ると、シワが無くきれいに仕上がります。

貼れる布の缶バッチ

どうでしょうか?曲面にもしっかりと貼りついてシワが無くきれいにできていますね。裏面に糊がついていると簡単に晴れて便利です。

くるみボタンでもなかなかのクオリティの缶バッジが作れますので、1個、2個という数でしたらこちらの方が安くて簡単です。シワなく作る方法の基本は伸縮性のある塩ビ製の印刷用紙を探すことですが、現状としてはのびるラベルだけになります。市販のシールやステッカーでも塩ビ製のものがありますのでこれを貼って作成しても良いかと思います。

また、セリアの缶バッジキットを使った缶バッジの作り方もご紹介していますのでご覧ください。

 

セリアの缶バッジキットが秀逸!どこで買える?売場は?

100均で有名なセリアで何か面白いものがないかと物色していましたら、缶バッジを作るキットが販売されていました。以前から缶バッジを作るキットとして紹介されていたのは、釦で作るオリジナル缶バッチでした。釦は簡単に作成できるので良いのですが、裏面にピンがなく後から加工してつける必要があり、とても面倒なのと見栄えがイマイチということもありました。しかし、この缶バッジ作成キットはプロの目から見てもかなりお勧めできるものかと思います。

ということで今回はセリアの缶バッジキットを使ってきれいに作成する方法をご紹介したいと思います。

定番の円形の缶バッジキットは種類が豊富

円形の缶バッチキット。大きさが色々と揃っています。

定番の円形の缶バッチの組み立てキットです。弊社で使用している缶バッジのパーツは表のパーツと裏のパーツを専用の機械でプレスして作成しますが、セリアの缶バッジキットは表のパーツと裏のパーツを接着剤で貼り合わせるという画期的な製作方法です。これなら専用の缶バッジマシンは必要ないので簡単です。サイズは、32mm、44mm、57mm、77mm、100mmと種類がたくさんあるので、どの大きさで制作しようかと迷ってしまいますね。

ちなみに裏面はすべて安全ピンになっています。初めからピンがついているので、後から安全ピンをつける手間が省けます。これで100円はお得です。

缶バッジパーツセリアと弊社の比較1

写真の左がセリアのキットで右が弊社で使用しているパーツです。安全ピンの大きさに多少違いがある位でほぼ同じです。32ミリの場合は100円で5セット付いていますので1セット20円+材料費でオリジナル缶バッジが作れますね。

 

ハートや星型等にも対応しているセリアの缶バッチキット

缶バッジの形状は円形だけなのかと思っていたら、何とハート型や星形、角丸四角形までありました。これらは、変形の缶バッジでは人気のある形です。ちゃんとおさえていますね。

 

弊社の缶バッジでもハート型や星形は変形缶バッジの中では人気の商品になっています。セリアのキットは弊社の製品と似たサイズになっています。

缶バッジパーツセリアと弊社の比較変形タイプ

写真でみると、上の列は弊社のパーツで、下の列はセリアの缶バッジパーツです。大きさはほぼ同じ位ですね。(星型が若干小さいですが、ハートは同じ位です。)裏面は安全ピンですので安心ですね。

セリアの缶バッジキットの作り方

先ほどもご説明したとおり接着剤で貼り合わせる形ですので制作は驚くほど簡単です。通常ならこのパーツをかしめるためにプレス機が必要になりますがセリアの缶バッチキットなら高価なプレス機が必要ないのでとても安く作れます。

 

このような接着剤も100均で購入可能です

缶バッジキットと一緒に接着剤もセリアで一緒に購入しましょう。今回はゴム、皮革、金属用の接着剤を購入しましたが、布や紙などを使用する場合はそれに合った接着剤を購入してください。

 

のびるラベル

手作り缶バッチにはやっぱり「のびるラベル」です

伸びるラベルは塩ビ製のフィルムですので、多少引っ張っても破れずに、曲面に対しシワにならずに貼ることができます。

セリア缶バッジキットの作り方の手順

ここで、缶バッチキットの作り方を簡単に説明します。先ほど述べたように、プレス機は必要ありません。表のフタに印刷した伸びるラベルを貼って作ります。

①のびるラベルをプリンターで印刷します。

②原稿をハサミやカッターなどで切ります。

③カットした原稿を表のパーツにります。この時に伸ばしながら貼っていくとシワになるずにきれいに貼ることができます。

④表のパーツに接着剤をしみこませて、裏面のパーツを貼り合わせる。

 

どうでしょうか?これなら小さなお子様でも簡単に作れますね。

 

缶バッジキットはどこで買えるの?セリアの売場は?

ちなみに今回缶バッジのキットを買ったお店はお台場にあるセリアでした。また千葉でも購入することができました。お店の人に聞きましたらいつ入荷するかとは決まってなくてお店単位で適量仕入れるそうです。他にも数店のセリアを周ってみましたら円形のみ扱っているところがあったり、缶バッチを全く扱っていなかったりと様々でした。売り場は缶バッジやキーホルダー、ケースなどが置いてあるのですぐに見つけられるかと思います。

セリアの缶バッジキットの詳細はこちらでどうぞ。
製造元:ワールドアトラス(みん100 オタ活)

このキットは100円で簡単にしかもきれいに作成できるので、1個から缶バッチを作りたい人にはぜひおすすめしたいですね。