セリアの缶バッジキットが秀逸!どこで買える?売場は?

100均で有名なセリアで何か面白いものがないかと物色していましたら、缶バッジを作るキットが販売されていました。以前から缶バッジを作るキットとして紹介されていたのは、くるみボタンで作るオリジナル缶バッチでした。くるみボタンは簡単に作成できるので良いのですが、裏面にピンがなく後から加工してつける必要があり、とても面倒なのと見栄えがイマイチということもありました。しかし、この缶バッジ作成キットはプロの目から見てもかなりお勧めできるものかと思います。

ということで今回はセリアの缶バッジキットを使ってきれいに作成する方法をご紹介したいと思います。

定番の円形の缶バッジキットは種類が豊富

円形の缶バッチキット。大きさが色々と揃っています。

定番の円形の缶バッチの組み立てキットです。弊社で使用している缶バッジのパーツは表のパーツと裏のパーツを専用の機械でプレスして作成しますが、セリアの缶バッジキットは表のパーツと裏のパーツを接着剤で貼り合わせるという画期的な製作方法です。これなら専用の缶バッジマシンは必要ないので簡単です。サイズは、32mm、44mm、57mm、77mm、100mmと種類がたくさんあるので、どの大きさで制作しようかと迷ってしまいますね。

ちなみに裏面はすべて安全ピンになっています。初めからピンがついているので、くるみボタンのように後から安全ピンをつける手間が省けます。これで100円はお得です。

缶バッジパーツセリアと弊社の比較1

写真の左がセリアのキットで右が弊社で使用しているパーツです。安全ピンの大きさに多少違いがある位でほぼ同じです。32ミリの場合は100円で5セット付いていますので1セット20円+材料費でオリジナル缶バッジが作れますね。

 

ハートや星型等にも対応しているセリアの缶バッチキット

缶バッジの形状は円形だけなのかと思っていたら、何とハート型や星形、角丸四角形までありました。これらは、変形の缶バッジでは人気のある形です。ちゃんとおさえていますね。

 

弊社の缶バッジでもハート型や星形は変形缶バッジの中では人気の商品になっています。セリアのキットは弊社の製品と似たサイズになっています。

缶バッジパーツセリアと弊社の比較変形タイプ

写真でみると、上の列は弊社のパーツで、下の列はセリアの缶バッジパーツです。大きさはほぼ同じ位ですね。(星型が若干小さいですが、ハートは同じ位です。)裏面は安全ピンですので安心ですね。

セリアの缶バッジキットの作り方

先ほどもご説明したとおり接着剤で貼り合わせる形ですので制作は驚くほど簡単です。通常ならこのパーツをかしめるためにプレス機が必要になりますがセリアの缶バッチキットなら高価なプレス機が必要ないのでとても安く作れます。

 

このような接着剤も100均で購入可能です

缶バッジキットと一緒に接着剤もセリアで一緒に購入しましょう。今回はゴム、皮革、金属用の接着剤を購入しましたが、布や紙などを使用する場合はそれに合った接着剤を購入してください。

 

のびるラベル

手作り缶バッチにはやっぱり「のびるラベル」です

伸びるラベルは塩ビ製のフィルムですので、多少引っ張っても破れずに、曲面に対しシワにならずに貼ることができます。

セリア缶バッジキットの作り方の手順

ここで、缶バッチキットの作り方を簡単に説明します。先ほど述べたように、プレス機は必要ありません。表のフタに印刷した伸びるラベルを貼って作ります。

①のびるラベルをプリンターで印刷します。

②原稿をハサミやカッターなどで切ります。

③カットした原稿を表のパーツにります。この時に伸ばしながら貼っていくとシワになるずにきれいに貼ることができます。

④表のパーツに接着剤をしみこませて、裏面のパーツを貼り合わせる。

 

どうでしょうか?これなら小さなお子様でも簡単に作れますね。

 

缶バッジキットはどこで買えるの?セリアの売場は?

ちなみに今回缶バッジのキットを買ったお店はお台場にあるセリアでした。また千葉でも購入することができました。お店の人に聞きましたらいつ入荷するかとは決まってなくてお店単位で適量仕入れるそうです。他にも数店のセリアを周ってみましたら円形のみ扱っているところがあったり、缶バッチを全く扱っていなかったりと様々でした。売り場は缶バッジやキーホルダー、ケースなどが置いてあるのですぐに見つけられるかと思います。

セリアの缶バッジキットの詳細はこちらでどうぞ。
製造元:ワールドアトラス(みん100 オタ活)

このキットは100円で簡単にしかもきれいに作成できるので、1個から缶バッチを作りたい人にはぜひおすすめしたいですね。

 

   

他のオリジナルグッズも作ってみませんか?