メタリック加工で缶バッジをキラキラさせてみませんか?

メタリックの缶バッジはあちこちで製造販売されていますね。弊社でもかなり前から個別には対応させていただいておりました。しかし、お客様より「メタリックなのに光沢がない」とか「缶バッジの表面を使っているのでキズが目立つことがある」というご質問をいただいていました。

確かに缶バッジの表のフタは光沢が無い銀になっていますし、表面に傷や汚れが付いているものも結構ありますのでメタリックとしてはもうちょっと工夫が必要かなと思っていました。弊社では銀のツヤありフィルムで印刷したり、透明なフィルムに印刷してさらに銀の光沢のあるフィルムを挟んで製作したりと試行錯誤していましたが光沢感と作業効率を合わせたものを開発できないかなとも考えていました。

そしてキラキラした光沢のある印刷でコストも抑えるようなものができましたので、メタリック缶バッチを正式にリリースさせていただきました。

 

メタリック缶バッジの他社様との違いは?

他社様の一般的な仕様では主にデザインを透明のフィルムに印刷しています。そして普通にプレスしますがメタリックの色を出すのに缶バッジのフロントパーツ(表のフタ)の銀色を使います。この銀色は艶消しの銀になりますのでメタリックといっても実際にはあまり輝きがありません。メタリックなのに光沢がないというのが気になるところかと思います。弊社では鏡面仕上げの銀フィルムに直接印刷して製造しますので、キラキラ感が出ています。

銀の光沢のあるフィルム

こちらが鏡面仕上げの銀フィルムです。撮影用のボックス内の天井が映り込んでいます。それほど鏡のようにきれいに反射しています。このフィルムに直接印刷して缶バッジを作りますので光沢がかなり出ます。

 

こちらの写真は他社様の一般的な仕様で作ったものです。缶バッジのフロントパーツにデザインが印刷された透明のフィルムを被せているので、フロントパーツの下地の銀が出ています。

他社様の一般的な仕様

他社様の一般的な仕様です

このタイプですと表面にあまり光沢はなくヘアラインのようにスジが入っています。また表面に微妙な汚れやキズが目立ってしまうこともありました。実際弊社でも以前はこの仕様でメタリック缶バッチを作成していましたが、結構キズが目立つなぁといった感想をもっていました。これはこれで光沢を抑えたメタリックシルバーということでいいかと思いますが、キラキラの光沢を必要とされている方も結構いらっしゃるので弊社独自の仕様を考えてました。

それがこの下の金と銀の缶バッジメタリックの写真です。

弊社のメタリック缶バッジの仕様

弊社のメタリック缶バッジの仕様です

どうでしょうか?弊社の缶バッチメタリックは光沢がかなり出ているのがわかりますでしょうか?印刷用紙のフィルムが銀色のベースですのでメタリックな金色はどうやって作るのかといいますと、黄色(CMYKのYです)を少し混ぜて金色を出しています。黄色を50%から70%位の間で混ぜるといい感じのメタリックな金色になります。

メタリック缶バッジに向いているのデザイン構成とは?

メタリックの質感を活かすのが目的になりますので、基本的には黒や濃紺などの濃いめの色使っていただいた方がいいでしょう。全体的にメタリック感を出したい場合は下地の銀と混ざりやすい薄い色使いにするといいかと思います。薄い青色を引けばメタリックブルーに、薄い赤を引けばメタリックレッドになります。

このメタリック仕様で缶バッジを作って缶バッチをキラキラさせてみませんか?

メタリック缶バッジはこちらからどうぞ

   

他のオリジナルグッズも作ってみませんか?