ステッカーって厚いのがいいの?薄いのがいいの?

ステッカーというと屋外で車やバイクに貼ってあって、厚さがしっかりとあって存在感があるというようなイメージがあるかと思います。確かにかなり前でしたら分厚いステッカーが存在していましたが、ここ数年では逆にステッカーが薄くなってきています。メーカーが塩ビやPETなどのステッカー用の粘着素材の製造過程において薄くすることを主に製品改良を行ってきているからです。カーフィルムやカーラッピングなどの業者様においては、ステッカーのベース素材が薄い方が施工がしやすく、フィルムの扱いもラクなので、そういった要望がメーカーの方へ向かっているという背景もあるようです。この5年~10年の間に製品の改良を行っていってどんどん素材が薄くなってきています。

 

シルク印刷ステッカーの厚さ見本

シルク印刷ステッカーの厚さはやや薄目になっています

 

お客様の方はというと、「分厚いステッカーが欲しい」とか「御社ではどのくらいの厚さがありますか?150~200ミクロン位の厚いステッカーが欲しいです」のようにステッカーに厚さを求められているようです。確かに厚さがあると何だかカッコイイと思いますし、重厚感というものがありますね。ステッカーの厚さに対するイメージってこんなにも変わるのですね。私もステッカーの事業を始めたころには厚いステッカーばかりに注目して素材を探していましたが、次第に薄いものほど丈夫で品質が高いのかと納得しました

厚みのある素材を作っているメーカーさんもありますが、ほどんとは海外製です。日本で作っている素材は薄い素材ものばかりになります。これは外国のメーカーは日本ほど技術が進んでなくて厚みを持たせないと長持ちしないとか技術的に薄いステッカー素材が作れないといった事情もあります。日本製のものは凄く良いものというのはステッカーの世界でもありますね。たとえばカッティングシートでみますと、日本のメーカーのものは薄くて柔らかいのでカット作業~施工作業までの扱いやすいのですが、海外製の安いものになりますと、厚くて「パリパリ」とした感触になりカス取り(ステッカーのいらない部分をむしり取る作業)の場合にやりずらいものが多いです。

弊社で扱っているステッカーの厚さはシルク印刷でステッカーのシートで50~80ミクロン程度、ラミネートで20~30ミクロン程度になります。フルカラーステッカーではステッカーのシートで50ミクロン程度、ラミネートで30ミクロン程度になります。ちなみに以前、他社様で溶剤系のインクジェットの場合で、シートで100ミクロン、ラミネートで70ミクロンととても分厚いステッカーを見たことがあります。今は概ねその半分位の厚さになってきているかと思います。

 

 

フルカラーステッカーの厚さ見本

フルカラーステッカーの厚さはやや厚めになっています

お客様より、ステッカーの素材は厚い方がいいのか、それとも厚い方がいいのかというご質問がよくあります。弊社では先ほどのような業界全体の厚さに関する流れ等を見ておりますので、「実は薄い方が製品としては品質がいいのです。」とお答えしています。ステッカーの厚さで一番差が出るのは溶剤系インクジェットのフルカラーステッカーでしょうか。素材のメーカーが沢山あってステッカー業者様の方でも、安さにつられて厚みのある素材を選んでしまうからです。厚みのある素材は海外製が多く安く手に入れることができます。弊社でも取り寄せてみたことはありましたが、これをステッカーとしては販売できないなと思いその素材を扱いませんでした。

ステッカーの素材だけでも沢山あって私たち業者でさえも全ては把握しきれてないほどです。ですが、ステッカーは案外薄い方がいいものなのかということはお分かりいただけたかと思います。これからは厚さをステッカー選びの一つの指標にしてもよろしいかと思います。

様々なオリジナルステッカーの作成を行っています