レギュラーサイズのうちわの詳細や料金について。このサイズは一般的な大きさになります。

  • うちわ製作屋のトップへ
  • うちわについて良くあるご質問
  • うちわデータの作成方法
  • 特定商取引法に関する法律表示
  • お見積り・ご質問
  • ご注文フォーム
レギュラーサイズのうちわ概要

レギュラーサイズのうちわ

レギュラーサイズのうちわ(団扇)は一般的にあるウチワのサイズと同じ大きさですでの一番売れているタイプになります。展示会や博覧会などのイベントや花火大会や縁日などのお祭りでよく見られるかと思います。また、マンションや一戸建てなどの不動産販売における販促用品として、家電量販店やホームセンターなどのノベルティとして見受けられます。こういった場所でもらったうちわはたいてい家に持って帰られそのまま使われ続けることが多いので広告訴求効果が高いアイテムになるかと思います。

レギュラーサイズウチワの用紙(4種類の紙の中からお選びいただけます)

ウチワ印刷用紙の写真

レギュラーサイズの団扇(うちわ)を印刷する用紙はアートコート紙、ミラーコート(ミラコート)紙、和紙、クラフト紙の4つの中からお選びいただけます。それぞれ特徴のある紙ですので、どの紙を使うかによって仕上がりのイメージが変わってまいります。和紙とクラフト紙をお使いなる場合は単価が高くなりますが他の人とはちょっと違うウチワを作りたい方にはお勧めしたい紙です。

アートコート紙
ややツヤのある紙です。会社案内のパンフレットやリーフレット、チラシなどに使われている紙です。一般的なうちわですとこの紙が多いかと思います。

ミラーコート(ミラコート)紙
表面がツヤツヤで光沢のある紙です。近いイメージとしては写真用紙に近い光沢になります。光沢がありますので派手目な演出をしたい場合に向いているかと思います。

和紙
シールなどに使われている一般的な和紙になります。この紙を選ぶだけで落ち着いた和風なイメージに仕上がります。モノトーンでデザインすると雰囲気が増すかと思います。

クラフト(オリンパス)紙
茶封筒のようなイメージです。茶封筒よりも明るめの色になっていますので薄めの色使いも可能ですが濃い色を使った方が認識しやすいです。この紙は他社様にない紙ですので他と違うウチワを作りたい方におすすめです。

レギュラーサイズのうちわ(団扇)の製作料金 ※両面フルカラー印刷

※作成は10本よりお受けしております。
※料金表はデザイン1種類あたりの単価です。
※使う用紙により料金がわります。
※デザインが複数の場合はお見積りさせていただきます。
※オンデマンド印刷のため200本以上は同じ料金になります。

アートコート紙、ミラコート紙 1本あたりの単価(税別)
10本〜29本 ¥330
30本〜49本 ¥280
50本〜99本 ¥250
100本〜149本 ¥230
150本〜199本 ¥220
200本〜 ¥210

クラフト(オリンパス)紙、和紙 1本あたりの単価(税別)
10本〜29本 ¥360
30本〜49本 ¥310
50本〜99本 ¥280
100本〜149本 ¥260
150本〜199本 ¥240
200本〜 ¥230

過去のウチワ(団扇)作品集

手書きの文字とイラストのうちわ
このうちわは手書き風の文字とクレヨンで書いた雰囲気のあるイラストを組み合わせて作ってみました。この10年位の間にフォント(書体)はたくさん開発されてきました。その中で手書き風の文字も注目されていて色々な印刷物に地用されています。同じデザインでも書体を変えるだけで雰囲気が大きく変わるということを実感した作品です。
このウチワはイラストが全面に入ったものです。最近ではフォトショップやイラストレータなどの画像編集ソフトが高機能化していて、線画と画像が同じソフト上で編集できてしまいます。そのためイラストレータからフォトショップへ持っていくといった面倒な作業が必要なくなってきました。本当に便利になってきました。


モノグラム柄のうちわ
このうちわは有名ブランドのモノグラム柄を思わせる感じデザインされたものです。こうしてみると高級な感じに見えます。ちなみにルイビトンのモノグラム柄は日本の家紋をイメージして作られたという話もあります。そいいえばどことなくそう見えますね。濃い茶色のバックも落ち着きのある色としてよく使われますね。
花火大会のうちわ
このウチワ(団扇)は花火大会を観覧しに行くグループで作成されたものです。花火大会は夏の最大のイベントの一つですので大いに盛り上がることと思います。そんな時にこういったオリジナルグッズをお友達どうしで作って持っていくとさらに盛り上がることと思います。また夏祭りへみんなで行くときにもぜひオリジナルうちわを作ってみませんか。