缶バッジのデータ作成についのご案内です。弊社にてデータ作成(有料)も承っております。

  • 缶バッジ製作屋のトップへ
  • 当社の缶バッジ作りへのコダワリ
  • データの作成方法
  • 特定商取引法に関する法律表示
  • お見積り・ご質問
  • ご注文フォーム

缶バッチ、ピンバッチ、ネームバッチのデータ作成について

データ作成につきましてご説明させていただきます。ご入稿時の使用ソフトはアドビ社の「Illustlator」または「Photoshop」にてお受けしております。(「Illustlator」、「Photoshop」はabobe者の登録商標です)。これ以外のデータ(Word、Exel、Paintや解像度の低いJPEGデータなど)でご入稿いただきましてもそのまま印刷はできませんので、別途データを作成し直しになりデータ作成料がかかりますのでご了承ください。データ作成に自信がない方や手書きの原稿等の場合は弊社でデータ作成を承っておりますので(有料)お申し付けいただければと思います。

缶バッチのデータ作成のポイント

缶バッジ、ピンバッジ、名札のデータを作成する際には以下の図をご覧いただき、弊社のフォーマットをダウンロードして作成してください。背面に写真や色がいっぱいに配置される場合(裁ち落し)には、カットラインの外側まで配置して(塗り足し)ください。

缶バッジのフチ部分は湾曲していますので出来あがり寸法いっぱいにデザインしますと正面から見たときに隠れてしまうことがあります。出来あがり寸法から1ミリ〜2ミリ程度内側にデザインを収めると正面から見たときに見えやすいのでおすすめです。(下の図では白い点線より1ミリ内側にデザインを配置しています。またオレンジの色を缶バッジの背面いっぱいにしたいので、外側の線まで塗り足ししています。)

データを作成する場合は下のフォーマットをダウンロードして、フォーマットの中にデザインを描いてください。イラストレータを使ってデータを作る場合、フォントは必ずアウトライン化して、写真などの画像データを配置する場合は画像の解像度を300dpi以上にして配置してください。また、配置した画像ファイルも一緒に弊社へお送りください。フォトショップの場合は解像度を変えずにそのままレイアウトをしてください。また、レイヤーは統合せずにお送りください。レイヤーを統合してしまうと点線や実線まで印刷されてしまいますのでご注意ください。

ピンバッチ・ネームバッチ・プラバッジのデータ作成のポイント

ピンバッジとネームバッジとプラバッジのデータを作成する場合は以下の図をご参考ください。点線がデザインの範囲内ですので、この点線の内側にデザインを配置してください。点線はカットラインになります。デザインの背景に色や写真等を配置してカット(裁ち落し)する場合は塗足しラインまで広げてデザインしてください。

イラストレータで作成する場合でも、フォトショップで作成する場合でも弊社のフォーマットをダウンロードしてその中にデザインを入れてください。

フォーマットデータのダウンロードについて

缶バッジ製作屋ではイラストレータ用とフォトショップ用のフォーマットをご用意しております。データ作成の際にはこのフォーマットをダウンロードして作成してください。フォーマット内に書いてある注意書きを良くお読みの上、完全データに仕上げてからご入稿ください。

 イラストレーター用フォーマット

下記をクリックしてダウンロードしてください。
zip形式

※圧縮なしのai形式は拡張子が「ps」に化ける場合がありますが、「ai」に打ち変えればイラストレータで開くことができます。

■データは原寸で作成し、文字はアウトライン化して下さい。文字をアウトライン化しませんと「文字化け」が起きてしまい、思ったとおりに仕上がらないことがございます。
■下地に色や模様を敷く場合は実線まで伸ばしてください。
■イラストレータにフォトショップの画像を配置する場合、画像の解像度は350dpiにして下さい。また、配置の際、「リンク」にチェックして下さい。また、保存する際は「配置した画像を含む」のチェックをはずしてください。弊社にお送りする際はイラストレータファイルとともに配置した画像ファイルも一緒にお送り下さい。
■点線の範囲が缶バッチのサイズになりますので、この範囲内でデザインして下さい。(文字やデザインはさらに1ミリ程度内側にした方が見た目に良く仕上がります。)プラバッジの場合は実線がカットラインになります。
■色は「RGB」ではなく「CMYK」の4色で設定して下さい。DIC等の特色、金や銀色、蛍光色等には対応しておりませんのでご注意ください。

 フォトショップ用フォーマット

下記をクリックしてダウンロードしてください。
zip形式

■「点線」「実線」「デザイン」の3つのレイヤーに分かれております。
■缶バッジは「デザイン」レイヤーの中で「点線」レイヤーの範囲内でデザインして下さい。(文字やデザインはさらに1ミリ程度内側にした方が見た目に良く仕上がります。)下地に色や模様を敷く場合は「実線」レイヤーまで伸ばしてください。
■プラバッジは「実線」レイヤーがカットラインになりますのでこの範囲内でデザインしてください。下地に色や模様を敷く場合は「点線」レイヤーまで伸ばしてください。
■解像度は300dpiになっておりますので、このままの解像度で作成して下さい。
■色は「RGB」ではなく「CMYK」の4色で設定して下さい。DIC等の特色、金や銀色、蛍光色等には対応しておりませんのでご注意ください。